ホーム > ビックイベント > ボーイ隊2007年サマーキャンプ
ボーイ隊2007年サマーキャンプ報告
キャンプに参加したスカウトの作文を紹介します。
『雲取山登山』    <スカウト作文>
 今年の夏キャンプは、8月11日(金)〜14日(月)までだった。 プログラムの最初は、秩父から雲取山に登ることだった。スカウ ト5人とリーダー3人が参加した。
 8月11日午前9時半過ぎ、三峰神社を出発した。最初のうち は歩きやすかったが、次第に急坂になった。時折下り坂もあった が、岩や木の根が突き出している箇所はとても歩きにくかった。 炭焼平、霧藻ケ峰と進んでいくうちに、次第にやや足の速いグル ープとやや遅いグループに分かれてしまった。リーダーの判断で、 特に足取りの重いメンバー1人の装備を、分担して持つことになっ た。僕は雨具を持ってあげた。
 白岩山(1921m)まで上がると、そこには茶色の鹿が数頭、僕た ちを迎えてくれた。鹿といっしょに写真を撮った。上尾ではできな い経験なので、とても良かった。
 日が傾いてきた午後4時半頃、ようやく雲取山荘に着いた。足は すごく痛くなっているし、また途中で曇って雨が降るかもと心配し たが、とにかく予定通りに山荘に泊まることができてよかった。夜 は疲れていたので早く寝たかったが、「山荘まつり」が開かれるとい うので、野外コンサートを聴きに行った。その後、山荘のサービス で焼き肉と焼きそばを腹一杯に食べた。
 翌朝5時に朝ご飯を食べた後、最後の斜面を登って7時前に雲取 山頂上に到達した。とてもよい天気で、遠く富士山まで眺めること ができた。都県境を越えて東京側のピークまで足を伸ばした。  下山は、登ってきた道を引き返した。午後2時半頃に三峰神社に 戻ったが、僕は常に先頭近くを歩いていた。疲れたけれども、天候 に恵まれ、とてもよい経験になった。


『沢歩きを体験して』    <スカウト作文>
 今年の夏キャンプは、初めてのことがたくさんあった。沢歩き体験 もその一つである。
 8月14日、槌打キャンプ場(旧 大滝村 現 秩父市)を出て自動 車で約30分の『あらかわビジターセンター』に行った。そこで着替え て、ヘルメットやハーネス、カラビナを借りて付けた。ハーネスをう まく付けられない時には、インストラクターに教えていただいた。準 備が整ったら、自動車で約10分の熊倉山登山口に行った。2〜3分登 山道を歩いてから、谷津川(荒川支流)という沢に入った。沢を歩く時 は、滑り止めとして運動靴の上から靴下をはいたので、足がきつかっ た。沢の水はとても澄んで冷たく、また深みにはまると服の上からかな り濡れた。途中で弁当を食べ、さらにその先に進むと、やがて高さ5〜 6mくらいの滝が見えてきた。インストラクターの話によると滝の名前 はついてないとのことであったが、この滝を登ると聞かされた時には、 ワクワクしたが、ほんとうに登れるのかと心配にもなった。
 初めにインストラクターが、登るルートの見本を示してくれた。ルー トは、左ルート(手でつかんだり足をかけられる箇所がたくさんある) と右ルート(難しそう・・・インストラクターも一度失敗して落ちた) の2つがある。先に登ったインストラクターが上からロープを投げてくれ た。それをカラビナに付けて登る。僕はスカウトの中で最初に左ルートを 登ったが、1回目は滑って滝壺に落ちた。2回目は少しこつをつかめたの で、登ることができた。
 滝の上から林の中を大回りをして下に降り、次は右ルートに挑戦した。 2回チャレンジしたが、2回とも失敗して滝壺に滑り落ちた。しかしロー プとカラビナでインストラクターが支えてくれるので、ケガはない。でも 頭まで水に浸かって寒くなった。
 この後は、林の中の道を通って帰った。次はもっと難しいコースに挑戦 したいと思う。

沢登り1 沢登り2
沢登り3 沢登り4
キャンプに参加したスカウト2名の感想です。
ホームへ ページトップ